検索オプション
 
泣いた赤鬼

泣いた赤鬼

ぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo! 通販サイトへ

価格:1,540 15ポイント(1%)

その他(こども)に登録される「泣いた赤鬼」はぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo!から1,540円で販売されています。ポイントは15ポイント付きます。

関連商品として泣いた赤鬼をチェックした人は「心は泣いたり笑ったり マリーズ・コンデの少女時代 / マリーズ・コンデ 著」や「取寄品 御木幽石 泣いたり怒ったり YIF-02 福福額」や「大好きがやってくる 七星編 -泣いちゃいそうだよ- (講談社青い鳥文庫)」もチェックしています。平均の価格は1,385円です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

価格比較

レビュー (2商品)

順位 価格(差額) ポイント 送料 ショップ名 ウォッチリストに追加 レビュー 商品を見る
1
770
(最安)
7ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
2
1,029
(+259)
10ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
1users
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
3
1,540
(+770)
15ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

ページ: 1 / 4

前へ 次へ

モノログの商品レビュー

評価人数 (1 +0人)
ウォッチリストに商品を入れて、「編集(メモ)」から書くことができます。
sk0929   リスト名: 子供に読み聞かせたい珠玉の絵本14選  2017/03/06

子供に読ませたい、読み聞かせたい本は浦沢直樹さんの絵本「泣いた赤鬼」です。この話は誰もが知っている浜田廣介さんの名作「泣いた赤鬼」に、「YAWARA」「21世紀少年」で知られる浦沢直樹さんがオリジナルのカラー挿絵をつけ、改めて発売されたものです。浦沢さんの描く赤鬼と青鬼は浦沢さんらしいタッチで、とても味のあるキャラクターで感情があふれ伝わってくる描写となっています。

【ここがおすすめ!】
物語の内容は、赤鬼は村の人々と仲良く暮らしたいのに怖がって近寄ってくれず、優しい鬼です。仲良くしてくださいなど、立札を立てたりいろんな作戦を立てるもことごとく失敗してしまいます。そんなある日、青鬼がやってきて、ある作戦を立ててくれます。『僕が村を襲い人々を怖い目にあわすから、赤鬼君は僕をやっつけて村人を助けてあげてはどうかな?』と。その作戦に嬉しくなった赤鬼はさっそくお願いし、青鬼と共に村へ下りてゆきます。作戦は見事に成功し、そのあとは赤鬼の家のもとに沢山の村人がやってきてくれるようになりました。赤鬼はとても喜んで楽しい毎日を過ごしていましたが、ある日、青鬼の姿をめっきり見なくなったことに気づきます。赤鬼は青鬼の家へたずねに行きます。家にたどり着くと、玄関に手紙が張ってありました。その内容に赤鬼はボロボロ涙します。人間に嫌われる役をやった青鬼はここにはいられなくなったのです。この本を初めて読み聞かせた時は、正直長い話なので集中力が続きませんでした。小分けにして読んでいても内容が入ってこないようで、なんで赤鬼は泣いてるの?という質問がかえってきます。何度も何度も読み聞かせているうち、ラストの赤鬼がボロボロ泣き出すシーンに子供たちが涙を流すようになりました。赤鬼の気持ちと青鬼の気持ちを感じ取れるようになったのだなと、読み聞かせている親としてぐっとくるものがありました。なかなか文字だけを追ったり、読み聞かせの声を聴くだけでは内容が頭に入りにくいと思います。

もちろん個人差はあるのですが、やはり浦沢直樹さんの絵が登場人物のその時その時の感情表現がイラストでしっかり読みとれ、子供たちに物語の内容に入りやすくしてくれていると感じました。また単純に文章の下に挿絵があるのではなく、各ページのシチュエーションにあった配置となっていて、生き生きした、アニメーションを観ているような感覚でスッと内容が入ってきます。ラストのシーンはなんとページいっぱいに赤鬼の泣き顔が、それもドアップで描かれています。子供の心を温かくする内容の絵本で、読み聞かせるだけでなく、子供に何度も読んでもらいたい、そして大人にも読んでもらいたい絵本です。

関連度の高い口コミ、レビュー

口コミ、レビューはまだありません。

表示履歴: 詳細はこちら

ツール: ウォッチリストを見る

※ 本サービスで商品検索された情報は、収集の時期により店舗の商品情報と一部異なる可能性があります。お買い上げの際には各店舗のサイト上にて正確な情報をご確認くだい。

会社概要 - 更新履歴 - 商品掲載について - ご利用ガイド - お問い合わせ - スタッフブログ - サイトマップ - ユアガイドスマートフォンサイト
Copyright (C) 2021 YOURGUIDE Corporation. All Rights Reserved.