検索オプション
 
【条件付+10%相当】果てしなき渇き/深町秋生【条件はお店TOPで】の画像

【条件付+10%相当】果てしなき渇き/深町秋生【条件はお店TOPで】

bookfan PayPayモール店 Yahoo! 通販サイトへ

レビュー

価格:817 8ポイント(1%)

その他(文学・小説)に登録される「【条件付+10%相当】果てしなき渇き/深町秋生【条件はお店TOPで】」はbookfan PayPayモール店 Yahoo!から817円で販売され1件の評価があります。ポイントは8ポイント付きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

価格比較

レビュー (2商品)

順位 価格(差額) ポイント 送料 ショップ名 ウォッチリストに追加 レビュー 商品を見る
1
70
(最安)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
1
70
(最安)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
1
70
(最安)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
1
70
(最安)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
1
70
(最安)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
6
110
(+40)
1ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
7
139
(+69)
1ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
8
198
(+128)
1ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
9
220
(+150)
2ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
10
248
(+178)
2ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
11
267
(+197)
2ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
12
298
(+228)
2ポイント (1%)
送料無料
お店の売り場へ行く
13
449
(+379)
4ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
14
490
(+420)
4ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
送料無料
1users
レビュー
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
15
817
(+747)
8ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
27
1,410
(+1,340)
14ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く
28
2,290
(+2,220)
22ポイント (1%)
ショップで確認
お店の売り場へ行く

モノログの商品レビュー

満足度: 評価人数 (1 +0人)
ウォッチリストに商品を入れて、「編集(メモ)」から書くことができます。
sk0929   リスト名: 暇つぶし以上の面白作品!おすすめ12選!  2017/02/26

中島哲也監督の映画「渇き」を紹介します。第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化したものです。すざまじい暴力とセックスを扱った作品で、R−15指定を受けています。正直言って、いわゆる「おもしろい」と感じる映画ではありませんでした。できるだけ正確に感想を言うなら「ショックを受けた」ということです。そして、さらには、その「ショック」が映画を観終わったあとまで尾を引いて、何日たっても、まるで悪夢のようにフラッシュバックするのです。なんとも恐ろしい映画です。

【ここがおすすめ!】
あらすじを述べてみます。暴力的なもと刑事がいて、離婚した妻から、娘の加奈子が失踪したと知らされます。もと刑事が調べていくと、加奈子はかわいい顔をしているけれど、心は悪魔のようで、近づいてきた男の子も女の子もめちゃくちゃにしていました。その恨みを買って、女性教師に殺されていたのでした……。と、どうやらそんなストーリーらしいです。なにしろ映画では時系列がめちゃくちゃにかき回され、シュレッダーのように細かくカットされたシーンが続くので、ストーリーも「たぶんそんなものらしい」としか言えません。逆に、あんなめちゃくちゃな作り方なのに、なぜかその程度のストーリーが読めてしまう不思議な映画なのです。もちろんそれは、中島哲也監督のワザということなのでしょう。また、ワザと言えば、ドラッグパーティーの狂騒感あふれる映像は圧巻で、監督の非凡なセンスを感じさせてくれます。さて、この映画で一番魅力的なのは、なんといっても主演の小松菜奈です。すごい。ホントにすごい。「悪魔のような心を持った美少女」というと、普通はいかにもそれらしい、邪悪な笑みを浮かべる女優を持ってくるところです。

たとえば、主人公をいじめる意地悪な美少女役を演じるような女優さん、あるいは、クラスに君臨する女王様を演じる女優さん、そんなのを持ってくるところです。しかし、この映画では小松菜奈です。正統派美少女です。心やさしいヒロインとして、いくらでもオファーが来そうな美少女です。そんな人が演じているからこそ、魅力的な「悪魔」となっているのです。映画のなかで、ひとりの少女が、「みんな、加奈子に吸い寄せられていく」みたいなことを言っています。そのセリフが非常にリアルに聞こえます。小松菜奈だったらそうだよなあ、みんな惹かれるよなあ、と納得させられてしまうのです。「渇き」は、小松菜奈抜きでは成立しなかった映画だという気がします。

関連度の高い口コミ、レビュー

口コミ、レビューはまだありません。

表示履歴: 詳細はこちら

ツール: ウォッチリストを見る

※ 本サービスで商品検索された情報は、収集の時期により店舗の商品情報と一部異なる可能性があります。お買い上げの際には各店舗のサイト上にて正確な情報をご確認くだい。

会社概要 - 更新履歴 - 商品掲載について - ご利用ガイド - お問い合わせ - スタッフブログ - サイトマップ - ユアガイドスマートフォンサイト
Copyright (C) 2022 YOURGUIDE Corporation. All Rights Reserved.